サポート【FAQ, マニュアルダウンロード】

ドライブレコーダー動作について

本体左上LEDランプ確認

本体ランプ色の意味

  • 点滅:正常 (電源投入時:の両方点灯)
  • 点灯:GPS異常。GPSアンテナの位置を確認してください
  • 点滅:エラー
  • 点灯:本体天面右側の電池蓋を外しバックアップ電池の
    コネクターを抜き差ししてください
    SDカードをフォーマットしてください。

正常作動状態

始動時:本体ランプ色確認
運行中:本体ランプ点滅確認
終了時:ピッ音3回確認
事故時:ピッ音3回確認後、SDカードを抜く

エラーの場合

点滅時は映像が記録されません。
電源ON時や動作中に""が点滅し、5秒の「ピー」音の後に「ピッピッ・・・」とブザー音が数回鳴ります。
(回数により症状が異なりますので、以下を参照ください。)
1回 SDカードなし(SDカードを入れてください)
2回 カメラ信号なし(本体真ん中のカメラケーブルを抜き差ししてください)
3回 SDカード内に本器とは関係のないデータが入っている(管理者に連絡してください)
4回 内蔵時計異常(管理者に連絡してください)
5回 SDカードロック状態(SDカード左上にあるロックを解除してください)
6回 SDカードフォーマット異常(管理者に連絡し、パソコンでフォーマット(FAT)をしてください)

Page top

製品サポートページはこちら→ 製品サポートページ

よくある質問については、下記に記載しております。

ハードについて

1.SDカードは何GBまで対応? 32GBまでです。
2.何時間録画できるの? 32GBの場合、ビットレート128kbpsで約384時間録画できます。
3.音声は録音されるの? 設定でON/OFFが可能です。
4.事故などにより電源がダウンしたらどうなるの? 衝撃の程度にもよりますが、内蔵バックアップ電池により最終の録画データの
ファイナライズを行い、正常終了します。
5.24Vに対応していますか? ドライブレコーダー、カメラミキサーは12V、24V対応です。
6.カメラは何台まで接続できるの? カメラミキサーを使えば最大4カメラで運用できます。
7.カメラが増えると録画時間は 減るの? 録画時間は変わりません。
8.カメラは車外に設置しても
使えるの?
IP68規格のカメラを取り揃えております。車内・外問わず設置可能です。
9.暗闇でも撮影できるの? 周りに全く明かりがない暗闇で撮影する場合は、赤外線カメラをご用意しております。
10.既存のバックアイシステムの映像を録画できないの? バックアイシステムの種類によっては連動可能です。
お使いのバックアイのメーカー・型番をご連絡ください。
Page top

ソフトについて

1.パソコンの推奨スペックは?
  • OS:Windows 8、WindowsXP SP3以上、Vista SP2以上、7 SP1以上(32bit/64bit)
  • CPU:Dual-Core 2GHz以上
  • RAM:OSの推奨メモリーに準ずる
  • HDD: 4GB以上の空きがあること
  • ソフト:.NET Framework2.0SP2以上、または3.5SP1以上(4.0は非対応)、
    昭文社スーパーマップル10SP2以上
  • その他:SDカードリーダー
    外付けハードディスク(映像保存用)
2.映像の取り込みができない

パソコンに接続したSD読取装置にSDカードが正しく挿入されているか確認してください。
マイコンピュータを開き、SDカードの中を参照できるか確認してください。
(参照できない場合は、パソコンを再起動し、同様の確認をしてください)
・再起動後もSDカードの中が参照できない場合、SD読取装置に不具合が生じている可能性があります。
 別の物に交換して試してみてください。

設定されているSDカードの場所とASF保存先の場所が合っていますか?
・Ctrl+Shift+Alt+Uで設定を確認してください。

3.ほとんどの録画データが
ログファイルに入る。
SDカード取込時に途中で
ストップしてしまう
SDカードの内部構造が壊れている可能性があります。
・SDカードをフォーマットしてください。
 (SDカードは1週間から2週間に1回フォーマットを行ってください。)
4.音声が再生されない ドライブレコーダー本体の音声設定を確認してください。
・SDカード内のlog.txtを開き、Audio=0の場合音声がOFFになっています。
LNPTOOLで設定してください。
パソコンのスピーカーボリュームがゼロもしくはミュートになっていないか確認してください。
ソフトの音声出力設定を確認してください。
・Ctrl+Shift+Alt+Uで設定を確認してください。
5.画面コピー機能を使って 貼り付けたら真っ黒になった デスクトップ画面上で右クリック→画面のプロパティ→設定→詳細設定→トラブルシューティング→ハードウェアアクセラレータ― を左から3番目の位置に変更し、適用→OKを押してください。
Page top

旧ソフトをお使いのお客様は問い合わせフォームか電話にてお問い合わせください。

その他

1.長距離ドライバーの場合、
24時間録画でどのように
運用するの?
運転習慣の確認であれば直近の24時間の録画データがあれば十分確認できます。
万が一事故が起きた際、上書きされないように予備のSDカードを携帯し、
事故後にSDカードを入れ替えることをお勧めします。
2.常時録画だと見るのが
大変じゃないの?
事故予防推進の為には各人の運転習慣の確認が必要です。
自社での確認が困難な場合は、リスク調査サービスをご活用ください。
一度習慣確認を行えば、その情報をもとに、以後自社で簡単に確認できるソフトもご用意しております(映像クリップソフト)。
3.デジタルタコグラフ、
アナログタコグラフとは
どう違うの?
デジタルタコグラフ、アナログタコグラフは国交省が認定している速度と時間を記録する計器です。
主に速度超過や無理な長時間運転の予防のために適切な指導をするために使用されます。
リスク分析型ドライブレコーダーでも速度、場所、走行時間・距離を記録できるので、
タコグラフの装着が義務付けられていない8t以下の車両では、
労務管理の用途で利用されるケースが多くなってきています。
ただし、主たる目的は事故予防を推進するための運転プロセスの映像記録です。
ハード マニュアル 下記をクリックしてダウンロードください。
取り付け工事マニュアル 下記をクリックしてダウンロードください。
Page top

使用上のご注意

  • 1.本製品は常時映像を記録しますが、全ての状況において映像の記録を保証するものではありません。
  • 2.本製品の故障や本製品使用によって生じた損害、及び記録された映像やデータの損傷、破損による損害については、
    弊社は一切その責任を負いません。
  • 3.本製品は事故の証拠として効力を保証するものではありません。
  • 4.本製品は取扱説明書に従って正しく取り付けてください。誤った取付は道路運送車両法違反になるばかりか、
    交通事故やけがの原因となります。
  • 5.運転者は走行中に本体LEDランプを注視したり、機器の操作をしないでください。
  • 6.本製品を取り付けての違反については、弊社では一切その責任を負いません。
  • 7.一部の車両に採用されている金属コーティングの耐熱ガラスの中には、電波の透過率が低く、
    衛星からの電波を受信できないため、GPSが測位できない場合があります。
  • 8.本製品は日本仕様です。海外ではご使用にならないでください。

Copyright 2008-2015 Notice co.,ltd. All Rights Reserved.