㈱カシックス様の安全への取り組みが物流ウィークリーに掲載されました!

11月13日(日曜日)、株式会社カシックス様にて、

「全社員と家族の夢を実現する為には」をスローガンに

安全研修会が実施されました。

当社は、ドライブレコーダー映像を活用し、以下の概要で講習パートを担当しました。

①事故が起きる仕組み(事故は習慣の延長線上で起きている)を知る

②認知・判断でかかる時間を知るエクササイズ

③普段の運転(一時停止、右左折、走行時車間)で事故につながるリスクを知り、

それぞれの場面で、認知・判断するのに必要な時間を稼ぐ方法を知る

 

全社員と家族の夢を実現する為に

一人一人

しっている⇒している⇒できている

と変化していく取り組みのスタートです。

掲載記事は、以下を参照してください。

20161121_085357_571

 

 


接続図面を一部更新しました。

危険物輸送の会社様を中心にご利用いただいております4カメラ録画のドライブレコーダー

に関して、単車の場合とトレーラーの場合の接続例を記載した図面の一部を更新しました。

 

詳細は、以下のリンクをクリックして、タンク車用接続例、トラクター単車用接続例から

ご確認ください。

http://lunadr.com/support/product_support/


今週号の物流ウィークリーに掲載されました。

2016年10月24日号の物流ウィークリー誌に弊社の事故予防推進サポート事業が掲載されました。

【掲載記事】

20161026_121758_648

ノーティスの事故予防プログラム概要はこちら。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

②事故予防プログラム


貸し切りバスにドライブレコーダー義務化(国交省方針)

もうご存知の方も多いかと思いますが、貸し切りバス事業者へのドライブレコーダー装着と

運転者への指導・教育の義務化が発表されました。

(参考記事)

http://mainichi.jp/articles/20160307/k00/00e/040/161000c

ドライブレコーダーの有無にかかわらず、自社内、外部の機関の活用などで、

ドライバーの指導・教育を行っておられる会社もあるかと思います。

そこでみなさん苦労されているのが、指導・教育したことが、

実際の運転で反映できているか否かの確認(Check)がしずらいところではないでしょうか?

普段の運転映像を見れば、指導・教育したことの反映具合、事故につながるリスクのありよう、

ドライバーが自らリスクの低い運転を実践していく為の指導教育方法の改変の必要性の有無が見えてきます。

リスク分析型ドライブレコーダーシステムは、現場の皆さまの声から今のかたちが創り上げられました。

その根本にあるのは、普段の運転に潜む交通事故につながるリスクをドライバー自身が映像で確認、

気づきにより、自らリスクの低い運転を実践するように習慣化していくことです。

ハード・ソフトは、確認のし易さにこだわり、リスク調査・講習などの運用サポートコンテンツは、

コミュニケーション(人の納得と行動)にこだわった仕様になっております。

詳細は、以下の当社ホームページをご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://lunadr.com/

事故予防プログラムの概要説明資料は、以下をご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

事故予防プログラム_Vol160211

 

 

 

 


今週号の物流ウィークリーに掲載されました。

2016年2月22日号の物流ウィークリー誌に弊社の事故予防推進サポート事業が掲載されました。

掲載記事

 

成果の出る事故予防対策をご希望の方は、この機会に是非ご検討ください。

 

新商品のリスクスクリーニング調査もご用意しております。

リスクスクリーニング調査の概要は、以下をご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

リスクスクリーニング調査_160211N


ドライバー向けスキルアップセミナー(最終回)開催

7月10日(金曜日)19:00~21:00 大阪府摂津市の物流会社様にて、

ドライバースキルアップ講習会(全10回)の10回目を

行政書士 たかはま事務所様が実施しました。

今回のテーマは、

「交通事故の生理的・心理的要因と対処方法」について

みなさん、その時々、普段考えていることを自分の能力を使って、

その場の環境に合う行動をされているかと思います。

過労や不安、悩みなどは、みなさんの事故に遭わないように

運転しようという意識を著しく削ぎます。

いい仕事をするには、まず、心と体の健康からですね。

心と体の健康を維持し続けるのは、なかなか難しいことです。

万が一、心と体のバランスが崩れた時にあなたを助けてくれるのが、

「安全をつくる」習慣です。

ということで、

年間約65万件の事故が発生しているうちの約75%を占める安全運転義務違反。

その要素を含む一時停止、右左折、走行車間距離に於けるリスクとリスク軽減の

為にどのように行動すれば良いかをおさらいしました。

運転する人もしない人も、ひとりひとりが「安全をつくる」行動をすれば、

必ず、事故はゼロになります。

20150710_190459_473 20150710_190522_369 20150710_200222_353 20150710_201724_742 20150710_202622_457 20150710_203306_149 20150710_203319_191

 


ドライバー向けスキルアップセミナー開催

6月12日(金曜日)19:00~21:00 大阪府摂津市の物流会社様にて、

ドライバースキルアップ講習会(全10回)の9回目を

行政書士 たかはま事務所様が実施しました。

今回のテーマは、

「自分の身の守り方」について

業績を伸ばしている会社の共通点として、コンプライアンス遵守がひとつの要素として

あげられます。

今回は、第1回目でも行いました貨物自動車運送法の概要確認、履行義務と

履行しなかった場合に及ぶダブルの処分(個人と会社の処分)について、

復習を行いました。

 

例えば、

点呼は、会社側がドライバーさんの精神的、身体的状態を確認し、的確な

判断・指示ができる「安全をつくる」最後の砦です。

 

言い換えれば、点呼以降は、ドライバーさんの行動に依るところが大きいということです。

道路事情や仕事の込み具合などの環境、

到着時間に間に合わせなければならないという意識

は確かに存在します。

そんな状況下でも、自分の身は、自分で守ることができます。

人間が生きていくために生まれながらにして持っている欲求

自分を守る、家族を守る、仲間を守る

この優先順位を上げれば、自ずと行動は変わります。

 

後半では、適正診断結果を活用し、

状況毎に認知・判断する時間をつくるための行動の仕方について、

ドライバーさん自身が普段の運転で実施でき、且つ自分で確認できる

方法について、復習しました。

 

次回が最終回となりますが、

全10回で、みなさんが「安全をつくる」行動を起こすきっかけになればと思います。

 

20150612_191643_866 20150612_191714_282 20150612_201222_350 20150612_204533_313

 

 


【関東】事故予防セミナー開催

「交通事故ゼロを目指す日」でもある5月20日

東京にて、様々な業種の方々をお招きし、事故予防セミナーを開催しました。

今回のテーマは、

”事故ゼロを実現する「安全を作る運転習慣の形成」方法”

です。

交通事故でお悩みの会社様も
事故がほとんど無い会社様も
日々、様々な安全対策を
講じておられることかと思います。
これで事故が減るのかな?
無事故を継続できるのかな?
と不安を抱えながらも
現状と向き合っておられるかと思います。

でも、もう安心です。

普段講じておられる対策の履行者(運転の場合は、ドライバーさん)

が決めたことを確実に行えば、必ずその結果があらわれます。

出た結果を確認し、より現実に合った対策にブラシュアップする。

この一連の活動を行っている限り、必ず成果は出ます。

 

そこで大事になってくるのが、決めたことをドライバーさんが確実に行うことと、

行動内容の確認を行うことです。

セミナーでは、ドライバーさんが”納得して、決断して、行動する”為のノウハウと

運転に於けるリスク管理手法をご提供させていただきました。

 

ご講いただきました皆様、最後までご清聴いただきありがとうございました。

 

以下、聴講されたお客様のご感想を2、3ご紹介させていただきます。

【聴講者のご意見】

①保険関連企業様

ドライバー向けのセミナーとして、大変参考になりました。

②物流企業様

自社の安全会議等でも活用させていただきます。

DRの利用方法、活用方法の講習があれば受けてみたいです。

③廃棄物処理関連企業様

大変、共感するところや、新しい発見もありました。

本日のセミナー内容を当社にあった形で、活かしていきたいと思っています。

「安全は創るもの」いい言葉です。

ありがとうございました。

20150520_141737_249 20150520_141729_720 20150520_140639_136 20150520_140602_856 20150520_140537_723 20150520_135120_203

 

 

 

 

 


ドライバー向けスキルアップセミナー開催

5月8日(金曜日)19:00~21:00 大阪府摂津市の物流会社様にて、

ドライバースキルアップ講習会(全10回)の8回目を

行政書士 たかはま事務所様が実施しました。

今回のテーマは、

「環境の変化と運転プロセス毎の安全のつくり方」について

天気、走行環境の違いにより、安全のつくり方もアレンジが必要ですが、

ベースにあるのは、以下の3点です。

①自分の存在を相手に知らせること

②自分が次に起こす行動を早めに相手に知らせること

③自分が認知・判断する時間をつくること

上記3点を走行環境毎に行うだけで、ほぼほぼ事故から遠ざかることができます。

単純なようで難しいと思われるかもしれませんが、

道交法、道路交通標識は、上記をマニュアル化したものですので、

積極的に活用すれば、事故から遠ざかれます。

20150508_191014_218 20150508_191059_807 20150508_195033_355

 

 

 


*他社製ドライブレコーダー映像での調査業務開始*

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

普段の運転映像から、事故になるかもしれないリスクの見える化を実現した

株式会社Lunaのリスク調査サービス。

数多くのお客様からのご要望により、

リスク分析型ドライブレコーダー(LNP-1000,LNP-1000-SP1)のみに限定して行って参りました

リスク調査業務を他社製ドライブレコーダー映像まで実施拡大します。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

*ご利用中のドライブレコーダーによっては、リスク調査ができない場合が有ります。
詳しくは、以下の窓口までご相談ください。

(問い合わせ先)
TEL:06-6916-8520
E-mail:kudo@luna-drv.com

担当:工藤
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


Copyright 2015 Notice co.,ltd. All Rights Reserved.