和歌山の物流企業様にて、セミナー実施しました。

2/25、2/26和歌山の物流企業様の三木営業所及び本社にて、事故予防セミナーを実施しました。

今回のテーマは、「対処と予防」について。

誰しも事故は起こしたくないという思いで、日々の安全輸送に取り組んでおられます。

その取り組みの多くは、その場の状況に合わせた対処となっているケースが多いようです。

 

その場の状況に合わせて、予測して運転していたのに予測が外れて、

ヒヤットしたり、事故った経験がある方もおられるかと思います。

 

実は、そのヒヤリ、事故には明確な理由があります。

 

「物理的空間の不足」と「時間的空間の不足」が原因です。

では、様々な交通環境でこの空間を確保するにはどうすればよいでしょうか?

実は道路交通法規にその答えが記載されています。(今回、詳細事例は割愛します。)

道路交通法規は、「物理的空間」と「時間的空間」を確保するための方法論が記載されている

いわば、事故予防の教科書といっても過言ではありません。

 

この教科書を活用し、予防の取り組み(基礎)にその場の状況に応じた対処(応用)をプラス

することにより、交通事故のリスクをさらに低減することができます。


東京廃棄物事業協同組様にて、セミナー実施しました!

2016年11月21(月曜日)18:00~

東京廃棄物事業協同組合 西ブロックの会員企業様を対象に

事故予防セミナーを実施しました。

 

究極の安全対策としての「予防」を具体的にどのように進めていくか

一時停止、右左折、走行車間距離の運転プロセスにしぼり、

認知判断に必要な時間と空間のつくり方を知っていただくきっかけになったかと思います。

 

事故を起こしたくないのは、だれしもそうだと思います。

その気持ちを裏付けのある行動で実現していくために

しっている⇒している⇒できている

と変化していく取り組みのスタートです。


ドライバー向けスキルアップセミナー(最終回)開催

7月10日(金曜日)19:00~21:00 大阪府摂津市の物流会社様にて、

ドライバースキルアップ講習会(全10回)の10回目を

行政書士 たかはま事務所様が実施しました。

今回のテーマは、

「交通事故の生理的・心理的要因と対処方法」について

みなさん、その時々、普段考えていることを自分の能力を使って、

その場の環境に合う行動をされているかと思います。

過労や不安、悩みなどは、みなさんの事故に遭わないように

運転しようという意識を著しく削ぎます。

いい仕事をするには、まず、心と体の健康からですね。

心と体の健康を維持し続けるのは、なかなか難しいことです。

万が一、心と体のバランスが崩れた時にあなたを助けてくれるのが、

「安全をつくる」習慣です。

ということで、

年間約65万件の事故が発生しているうちの約75%を占める安全運転義務違反。

その要素を含む一時停止、右左折、走行車間距離に於けるリスクとリスク軽減の

為にどのように行動すれば良いかをおさらいしました。

運転する人もしない人も、ひとりひとりが「安全をつくる」行動をすれば、

必ず、事故はゼロになります。

 

[...]


ドライバー向けスキルアップセミナー開催

6月12日(金曜日)19:00~21:00 大阪府摂津市の物流会社様にて、

ドライバースキルアップ講習会(全10回)の9回目を

行政書士 たかはま事務所様が実施しました。

今回のテーマは、

「自分の身の守り方」について

業績を伸ばしている会社の共通点として、コンプライアンス遵守がひとつの要素として

あげられます。

今回は、第1回目でも行いました貨物自動車運送法の概要確認、履行義務と

履行しなかった場合に及ぶダブルの処分(個人と会社の処分)について、

復習を行いました。

 

例えば、

点呼は、会社側がドライバーさんの精神的、身体的状態を確認し、的確な

判断・指示ができる「安全をつくる」最後の砦です。

 

言い換えれば、点呼以降は、ドライバーさんの行動に依るところが大きいということです。

道路事情や仕事の込み具合などの環境、

到着時間に間に合わせなければならないという意識

は確かに存在します。

そんな状況下でも、自分の身は、自分で守ることができます。

人間が生きていくために生まれながらにして持っている欲求

自分を守る、家族を守る、仲間を守る

この優先順位を上げれば、自ずと行動は変わります。

 

後半では、適正診断結果を活用し、

状況毎に認知・判断する時間をつくるための行動の仕方について、

ドライバーさん自身が普段の運転で実施でき、且つ自分で確認できる

方法について、復習しました。

 

次回が最終回となりますが、

全10回で、みなさんが「安全をつくる」行動を起こすきっかけになればと思います。

 

 

 

[...]


【関東】事故予防セミナー開催

「交通事故ゼロを目指す日」でもある5月20日

東京にて、様々な業種の方々をお招きし、事故予防セミナーを開催しました。

今回のテーマは、

”事故ゼロを実現する「安全を作る運転習慣の形成」方法”

です。

交通事故でお悩みの会社様も 事故がほとんど無い会社様も 日々、様々な安全対策を 講じておられることかと思います。 これで事故が減るのかな? 無事故を継続できるのかな? と不安を抱えながらも 現状と向き合っておられるかと思います。

でも、もう安心です。

普段講じておられる対策の履行者(運転の場合は、ドライバーさん)

が決めたことを確実に行えば、必ずその結果があらわれます。

出た結果を確認し、より現実に合った対策にブラシュアップする。

この一連の活動を行っている限り、必ず成果は出ます。

 

そこで大事になってくるのが、決めたことをドライバーさんが確実に行うことと、

行動内容の確認を行うことです。

セミナーでは、ドライバーさんが”納得して、決断して、行動する”為のノウハウと

運転に於けるリスク管理手法をご提供させていただきました。

 

ご講いただきました皆様、最後までご清聴いただきありがとうございました。

 

以下、聴講されたお客様のご感想を2、3ご紹介させていただきます。

【聴講者のご意見】

①保険関連企業様

ドライバー向けのセミナーとして、大変参考になりました。

②物流企業様

自社の安全会議等でも活用させていただきます。

DRの利用方法、活用方法の講習があれば受けてみたいです。

③廃棄物処理関連企業様

大変、共感するところや、新しい発見もありました。

本日のセミナー内容を当社にあった形で、活かしていきたいと思っています。

「安全は創るもの」いい言葉です。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

[...]


ドライバー向けスキルアップセミナー開催

5月8日(金曜日)19:00~21:00 大阪府摂津市の物流会社様にて、

ドライバースキルアップ講習会(全10回)の8回目を

行政書士 たかはま事務所様が実施しました。

今回のテーマは、

「環境の変化と運転プロセス毎の安全のつくり方」について

天気、走行環境の違いにより、安全のつくり方もアレンジが必要ですが、

ベースにあるのは、以下の3点です。

①自分の存在を相手に知らせること

②自分が次に起こす行動を早めに相手に知らせること

③自分が認知・判断する時間をつくること

上記3点を走行環境毎に行うだけで、ほぼほぼ事故から遠ざかることができます。

単純なようで難しいと思われるかもしれませんが、

道交法、道路交通標識は、上記をマニュアル化したものですので、

積極的に活用すれば、事故から遠ざかれます。

 

 

 


【先着20社様限定】事故予防セミナーのご案内

春の交通安全週間が5月11日-20日の間で開催され、 5月20日は、「交通事故ゼロを目指す日」となっております。

交通安全啓蒙に関するイベント等を各社様お考えのことかと思います。

このたびは、成果の出る事故予防活動の進め方のノウハウをお伝えする

セミナーのご案内をさせていただきます。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

交通事故でお悩みの会社様も事故がほとんど無い会社様も 日々、様々な安全対策を講じておられることかと思います。

これで事故が減るのかな?

これからも今までの対策で無事故を継続できるのかな?

と不安を抱えながらも現状と向き合っておられるかと思います。

でも、もう安心です。 事故が起きる仕組み(原因)がわかれば、具体的な対策が打てます。 今回の約2時間のセミナーでは、ドライブレコーダーの映像を活用し、 「普段の運転に於ける事故発生リスクとその対策」を知っていただき、 実際にドライバーさんが納得して、行動するには何が必要かを 学んでいただきます。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

先着20社様限定となっております。 以下のセミナー概要をご確認いただき、今すぐお申し込みください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Luna安全予防セミナ-【DM】


ドライバー向けスキルアップセミナー開催

4月10日(金曜日)19:00~21:00 大阪府摂津市の物流会社様にて、

ドライバースキルアップ講習会(全10回)の7回目を

行政書士 たかはま事務所様が実施しました。

今回のテーマは、

「適切な運行経路の選択と運転プロセス毎の安全のつくり方」について

運行経路の指示は、事故が起きにくい環境をセットするという意味で、

事務所側が関与する「安全をつくる」活動です。

一方、ドライバーの「安全をつくる」活動ですが、

相手に自分の行動・存在を知らせることと、

認知・判断する時間をつくることです。

今回は、右左折時のリスクとその対処策を中心に勉強しました。

 

 


ドライバー向けスキルアップセミナー開催

3月6日(金曜日)19:00~21:00 大阪府摂津市の物流会社様にて、

ドライバースキルアップ講習会(全10回)の6回目を

行政書士 たかはま事務所様が実施しました。

今回のテーマは、「貨物の積載方法とリスクについて」

荷役でも、運転でも事故から遠ざかるには、従事者の「安全をつくる」習慣が

決め手になります。

「安全をつくる」習慣を形成していく上で、知識を使った意識した行動をするためにも

マニュアルの存在は不可欠です。

荷役であれば、作業標準書、運転であれば、道路交通法、

マニュアルの知識を活用し、事故から遠ざかる為にも、

まず、マニュアルの知識の習得と、なぜそのマニュアルが存在するかの

背景を含めた理解が必要です。

 

 

 

 


京都自動車整備協議会様にてセミナー実施

2月26日(木曜日) 19:00~21:00 京都府南区西地区自動車整備協議会様にて、

事故ゼロ実現(事故の予防) 「安全を作る運転習慣の」のすすめというタイトルで

京滋ユアサ電機様とともにセミナーを実施させていただきました。

事故が起きる仕組みとその対策にドライブレコーダー映像をどのように活用していくか

多くの方に知っていただく機会をいただき、ありがとうございました。

 


Copyright 2015 Notice co.,ltd. All Rights Reserved.