自分の立っている位置を知る

4/26(月曜日) 東大阪のお客様での定期講習。

リスク状況指数600以上の方が対象。

数字は目安。

今の自分の運転からギャップを診る。

接触しない為の「空間」がつくれているか。 動静を確認する為の見る「時間」がつくれているか。

気づいて、行動に移せば、「安心」がつくられる。

 


最近、いい感じ!!

4/19(月曜日) 東海のお客様での講習。

今回は、リスク調査後のフィードバック講習3名+経過調査後1名。

最近、入社される新人さんの初回リスク調査の結果が思いのほか良い。

ご自身の過去の苦い経験や前の職場での取り組みの継続などを起点とする リスクの少ない運転の実践が映像と数値からよくわかる。

又、本人が気づいていない癖(習慣)の確認、 習慣には気づいているが、どのように事故に繋がるリスクとなるかを確認。

一人一人の取り組みが、全体に波及していく。


「しっている」から「している」

3/29(月曜日) 滋賀のお客様で、7か月ぶりのフィードバック講習。

今回は、新人さん2名参加の為、基本講習を交えながら行いました。

特に新人さんについて、 歩道路側帯手前での一時停止の知識は有り、先輩職員からも指導を受け、 自分ではやっているつもりが、自分のイメージ通りで無い状況でした。

「しっている」と「している」 一文字違いですが、大きな違いです。

運転映像の確認は、思い込みを払拭し、 「しっている」から「している」に移行するのに 有効な手段です。


ひとそれぞれのスイッチ

3/6(土曜日) 門真のお客様で、5か月ぶりのフィードバック講習。 今回は、蜜を回避して、帰社毎に班単位の個別講習。

班長3名全員にリスク低減効果が数値的にも見られ、 もちろん、運転映像を通して、その取り組み状況が確認できました。

班員のお手本になること間違いなし。

役目でスイッチが入ったかどうかは定かではありませんが、 今度、聞いてみようと思います。


新人さんの反応(゚Д゚;)

2/22(月曜日) 東海のお客様で、5か月ぶりにフィードバック講習を実施しました。

フォローアップ講習2名、初回講習1名。

初回講習1名は、最近入社された新人さんで、 「事故が起きる仕組みと対策」のセミナー後、 自身の普段の運転映像を確認すると・・・

自分が普段意識している「理想」の運転とは違った様子。

ほぼ9割の方が、同じ状況と反応をします。

心配無用

現状に目を向け、受け入れ、向き合ってからがスタートです。


今年初めての講習

1/30 東大阪のお客様で、今年初の定期講習を実施。

コロナ禍で、リアルでの講習が実施し辛い状況ですが、 蜜を回避し、少人数で自分の安全意識と実際の運転のギャップを 自身の運転映像で確認をしました。

事故が起きてからでは、遅い。 リスクの少ない運転を習慣化していく、皆さんの姿勢、行動は、 映像からも確認でき、着実に実を結んでいってます。


講習に設置に大忙し!

12/9-12/11 半年に1度、恒例の岡山のお客様でのフィードバック講習。 2部制/1日×3日間

同日に5台への車載機の設置もいただき、 このご時世、ありがたい話。

リスク低減の取り組みについては、リスク状況指数400台/800 に突入する人も2名となり、徐々にではあるが、取り組みが浸透してきている。

次回、半年後のフィードバックに向け、各自のギャップ調整ポイントを 入念に映像で確認。


一年の締めくくり

12/5 東大阪のお客様にて、一年の締めくくりとなる4回目の フィードバック講習を午前、午後の2部制で実施しました。

繰り返しにはなりますが、接触事故を回避するために 運転時の様々なシーンで「空間」をつくる。 「空間」がつくれない場合は、 見る「時間」をつくる。

というはなしで締めくくりました。

同社の会長からは、 映像から自分の運転時の習慣に気づいて、 自ら調整を掛け、 リスクの少ない運転に近づいていっているのが 映像で確認できるのが良いとのお言葉をいただきました。

本当にすごいのは、ドライバーさんの行動力。

これからも行動の源となる納得のお手伝いをしていきたいと思います。


11/14フィードバック講習

11/14 11/7に引き続き、東大阪のお客様で定期フィードバック講習実施。

ギャップ調整の度合いは、人それぞれ。

生きていく上での価値、優先順位をその人がどう考えるか。

進め方は人それぞれ

なかなか進まない人もいる。

それが人間。


探求心

11/7 東大阪のお客様で定期講習実施。

今回は、はじめて受講されるドライバーさんもおられました。

入社して、仲間から会社での事故予防の取り組みを聞き、 自分なりにリスク調査結果映像を確認し、ギャップ調整をされていた。

その取り組み姿勢は、リスク指数にも実際の運転にも反映され、 調査1回目より2回目、2回目より3回目と 回を重ねるごとに良くなっていく。

なりたい「自分」に一歩一歩近づいている。

初講習後の次回が楽しみです。


Copyright 2015 Notice co.,ltd. All Rights Reserved.